取引をする際に役に立つツール

取引をする際に役に立つツールを見てみても、証券会社毎に差が見られるので、自分にあった証券会社を見つけてください。

証券会社によっては口座を作ってさえいれば受講できるオンラインセミナーが行われていたりもします。

企業が発行する株式を買いたいと思った際には、必ず証券会社で口座を持つ必要があります。
証券会社を見た場合、店舗型の総合証券とオンライン型のネット証券の二通りに分けられます。
各々にはどういう風な特徴があるのでしょうか。要は総合証券の取引手数料についてはネット証券の数倍程度~数十倍もかかるということになると思われるため、口座維持費並びに取引手数料の面では総合証券と比較してネット証券のほうが安いと言えるでしょう。

それから口座維持費や取引手数料についてですが、ネット証券ならば口座維持費は無料です。

それとは別に、総合証券であるならば、無料の証券会社もありますが費用が発生するところもあるのです。

そして取引手数料を見てみても、ネット証券ならば、10万円以下の取引だと100円程度、100万円以下の取引においても数百円台のところが多めですが、総合証券だと50万円以下の場合でも千円を超え、100万円以下の場合には数千円もかかります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ